Concept of PATENT academy

sky03.jpg





 我が国は隣国とは海を隔てて立地し、近年では海外との貿易を主要な業の一つとする海洋通商国家に発展しました。太平洋戦争後の復興を例に挙げると、日本は安価で高品質な製品を国内で生産し、それを海外へ輸出することで日本経済は高度成長を遂げました。その歴史的な発展を支えた要因として、日本の優れた技術力が挙げられます。
 しかしながら、高度成長期も終わりバブル景気が崩壊した頃、政府は「知財立国」をスローガンに掲げる政策を打ち出しました。技術力の要素であるノウハウや知的財産権を基盤とする海外戦略を目指したのです。そこで、日本企業は生産拠点を海外に移すなどグローバル化を推進しましたが、日本の経済成長が鈍化するにつれ、海外企業への技術流出が問題になり始めたのもその頃でした。いったいなぜ、このような問題が起きてしまうのでしょうか。こうした技術流出が多発すると、日本はまだ海洋通商国家として十分に成長していないのではないかという危惧を抱かざるを得ません。
 海洋通商国家であるためには、まず国内のみならず世界的にも競争力がある製品やサービスが存在すること、これらを流通させるネットワークを持っていることが必要です。しかし、それだけでは十分な取引を行うことはできません。実際に取引を有利に行うためにはパテント(特許)を含む知的財産権が重要であり、技術と法律、政治、経済、ビジネスの交差点に位置する、最も肝要な交渉カードの一つと言えます。日本が世界の中で海洋通商国家として確固たる地位を築けるか否かは、こうした知的財産権の積極的な「活用」に掛かっていると確信しております。それゆえ、これまでに知的財産権に関する学術的研究が盛んに行われてきましたが、知的財産権の「活用」に関する学術的研究はいまだに十分ではない印象を受けます。
 パテントアカデミーはこのような認識に基づき、弁理士等が知的財産の専門家として自分たちの議論や意見を発信していくために創設いたしました。知的財産権の「活用」という側面から海洋国家日本を支え、各分野のプロフェッショナルと交流しながら、日本が知財立国として発展していくための学術的研究、および建設的な提言を行ってまいりたいと考えております。
 多くの方のご参加とご協力を歓迎いたしますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

YT.PNGパテントアカデミー発起人を代表して  橘祐史